結婚・ウェディング

結婚式で予算オーバーしないために!見積金額から値上がりしやすいポイントは?

ページがハートの本と薔薇

こんにちは!かもめ(@kamomee__)です。

結婚式場選びって本当に難しいですよね。
できるだけ安く済ませたいけど、やりたい演出はあるし、料理も妥協したくない!

予算に十分余裕がある場合はいいんですが、新婚旅行や結婚後の生活など何かとお金がかかる時期。
抑えるところは抑えて予算内で結婚式を挙げたいですよね。

「契約時の見積もりから大幅に金額が上がってしまった!」

という話を聞くことが多かったので、私は見積もりにはやりたい演出や料理のグレードアップなどいろんな希望を盛り込んでもらい、割引の大きなプランを適用してもらったりしていました。

にも関わらず、100万円ぐらい上がってしまいました。泣

これから式場を決めるみなさんがこんな事にならないように、この記事では見積りから値上がりしやすいポイントをお伝えしていきたいと思います!

金額交渉は必ず契約前にすること

まず最初に、金額の交渉は必ず契約前に行いましょう。

式場側は契約を取ることが第一。
契約前であれば、予算や条件に関してこちらの要望を聞いてくれる事が多いです。

契約したあとでの交渉は基本的にできないと思っておきましょう。

新郎新婦と親族の衣装代

私自身、結婚式で1番値上がりしたのがドレス代でした。
私が選んだ式場のレンタル代が思ったよりも高めの設定だったこともあるとは思いますが、どの式場でもドレス代はある程度高額になるでしょう。

契約時、見積で衣装代に割引を適用してくれる式場は多いです。

例えば、衣装代10万円分無料など。

10万円って大金ですよね。ですが、10万円で選べる衣装なんてまずありません(>_<)

私の場合はウェディングドレス・カラードレスにそれぞれ35万円程かかりました。高すぎる・・!

もともとレンタル価格が良心的な式場ならばいいのですが、そうでない場合は注意が必要です。

ドレスブランドにこだわる?

Barbie(バービー)やJILL STUART(ジルスチュアート)など人気のブランドって憧れますよね。
「このブランドのドレスが絶対に着たい!」というこだわりがあるなら、契約前にドレスブランドの取り扱いを確認しておきましょう( ・ᴗ・ )

特にこだわりがないのであれば、思い切って自分で購入したり、提携外のショップでレンタルする方が安く済む場合も多いです。

その場合は衣装の持ち込みが可能かどうか、式場に必ず確認してください。
持ち込みが禁止だったり、高額な持ち込み料を取られる事があります。

新郎、親族の衣装

新郎や親族の衣装にも意外とお金がかかります!
タキシードの相場は10〜20万程度、母親の留袖も式場で借りると高い事が多いです。

留袖の価格もピンキリですが、私が挙げた大阪の式場では安い物で5万円くらいから。
全体のラインナップとしては10万円前後のものが多かったです。
さらに着付・ヘアセット・小物代(バッグ、草履など)もかかってくるので、注意が必要です。

見落としがちな親族衣装ですが、こちらもしっかりチェックしておきましょう!

お花(会場の装花、ブーケなど)

お花も結婚式で特にお金がかかることの一つ。
使用したいお花によって値段も変わってきます。

特に会場の装花は大きくお金がかかるポイントです。
メインテーブル・ゲストテーブル共に、どれくらいのボリューム感が欲しいかをあらかじめ伝えておきましょう。

使いたいお花の色味も併せて伝えられるとスムーズです!

お料理

ゲストの方も楽しみにしているコース料理、イマイチだとやっぱりがっかりすると思います。

式場にもよりますが、一番リーズナブルなコースは量も少なく、内容もあまり豪華ではない事が多いです。
料理にもある程度こだわりたい方は、見積もりの時点でグレードアップしておきましょう。

飲み物についても、プランによってお酒の種類が変わる場合が多いです。
特にお酒が好きなゲストが多い場合は、アルコールメニューのグレードアップもしておきたいところです。

写真、ムービー関係

式場で作成するアルバムは、立派ですがその分高価です。

アルバムには特にこだわらないから大丈夫。」と思っていても、

「やっぱりページ数が多くて見た目も綺麗なアルバムがいい!」「一生に一度の結婚式だし、せっかくなら・・・」
と、高いものを選んでしまいがち。

高価なものだと10万円以上するアルバムもめずらしくありません。
思わぬ出費になるかもしれないので、注意しておきましょう。

ムービーについて

オープニング・プロフィールムービーなど、プロに頼むと結構高いですよね。
最近ではムービー関係を手作りする新郎新婦さんも増えてきています。

動画編集をした事があれば心配ないですが、はじめてだと難しい事も多いと思います。
自分で作ろうと思っていたけど、時間もないしやっぱり出来ない!
なんて事になったら、予定外のお金がかかってしまいます。

ここ数年で人気が高まっているエンドロールムービー。
結婚式のどの部分までを使うかによって金額が変わります。
(挙式のみ、お色直し入場まで 等)

エンドロールは当日撮ったものをその場で編集して流すサービス、高額な事が多いです。
動画関係はどれも単価が高いので、しっかり計画して準備しましょう!

おわりに

いかがだったでしょうか。
結婚式の中でも特に金額が上がりやすいポイントについてご紹介させていただきました!

衣装・お花・料理は特に注意が必要です。

値上がりのポイントを事前に予習しておけば、金額の交渉もスムーズにいくと思います!
式場の契約がこれからの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね(*ˊᵕˋ*)